ルイボスティーに副作用ってあるの?妊娠中に飲んでも大丈夫?

ルイボスティーに副作用ってあるの?妊娠中に飲んでも大丈夫?

様々な効果・効能が期待できると話題のルイボスティーですが、副作用があるのでは?と思っている人いると思います。
今回はルイボスティーと副作用について解説していきます。

 

ルイボスティーの効果・効能の詳細はこちら

 

身体を冷やしてしまう

ルイボスティーが身体を冷やす

 

ルイボスティーは健康や美容など様々な恩恵を受けることが出来ますが、飲み過ぎは良くありません。
飲み過ぎ事で胃に水分がたまってしまい身体が冷えてしまいます。

 

どんなに健康な物でも食べ過ぎ、飲み過ぎは良くないということですね。
ちなみにルイボスティーの1日の目安は500mlくらいです。

 

カテキン

ルイボスティーとカテキン

 

これも飲み過ぎた場合なので普通に飲んでいる分には問題ありませんが、ルイボスティーに含まれているカテキンが体内の葉酸を壊してしまいます。

 

葉酸といえば、妊娠初期に葉酸サプリを摂るように厚生労働省が推奨しているほど妊娠中には大切な成分です。
妊娠中はカフェインを摂らないほうが良いので、ノンカフェインのルイボスティーを飲むことがおすすめされていますが、飲み過ぎた場合は葉酸を壊してしまう可能性があるので飲み過ぎ注意です。
多くの女性が妊娠中に飲んでいるのがルイボスティーですが、しっかりと目安は守るようにしましょう。

 

眠くなる

ルイボスティーで眠くなる

 

ルイボスティーにはリラックス効果があるので、ルイボスティーを飲んだ後にリラックスしてしまい眠くなってしまうということがあります。

 

リラックスしているので本来良いことですが、仕事をしている時にルイボスティーを飲んで眠くなるということがあるかもしれないのでその点はデメリットですね。